人間の病気は、二種類あります。一つは、肉体病。もう一つは、霊的な病です。霊や幽霊はいわゆる霊界に属するものである。通常、生きている人間の体を占有する霊は亡くなった親戚や親しい友達、堕胎や流産で亡くなった子ども、当人と過去に争いがあった、すでに亡くなった人々、または家の中にいる霊である。霊性は、ずっと身につくと、肉体病になる、よく怒る、悪運、商売や勉強がよくない。オーストラリアに住む仏法僧盧軍宏さんは菩薩の恵みを受け、特殊な力を持つ人です。観音様から指し示されて、仏教の読経で霊性を供養して霊的な病を治す。なくなった身内の人も小房子で供養することによって天国まで行けます。

「小房子」は、大慈大悲観音菩薩様からもらったプレゼントです。今は世紀末時期です。世紀末時期でこのプレゼントを使って、霊を供養したり、自分の過ちを償ったり、一番有効的のやり方だと思います。

「小房子」は霊の世界で一番効果がある供養の仕方です。亡霊を供養するパワーがあり他人と自分を救える宝物です。