読経は日課として毎日すること、例、三回《大悲咒》,三回《心经》,一回《礼仏懺悔文》,二十一回《准提神咒》。日课は,日常生活のように大事なことです。小房子は供養するためのお経です、日課とは別です。

読経するとき、必ず題名から読みます、《大悲咒》は《千手千眼无碍大悲心陀罗尼》,《心経》は《般若波罗蜜多心经》です。読経する前にお願いことを言います、一つや二つでいいです。三つ以上すると効果が弱くなります。

《心经》と《往生咒》は、夜10時までに読めますが、通常夜中の2時~5時の間に、読経をしません。大雨の日と土砂降りの時は読まないでください。体が弱い時に読んで、気分が悪くなる人は、できれば晴の昼間の時に読みます。

家族や友達のために日課を読んであげたい時は、この人の名前を言わないといけないです。

言わないと効果は出ません。

以下は、お経の効果と日課する時のお願いの仕方をご参考ください!

1)  《千手千眼无碍大悲心陀罗尼》以後《大悲咒》と省略します。大悲咒は、仏教の基本です。効果は、人のお願いが叶うことやいろんな病気が治ること、常に神様に守られることです。毎日読むとご臨終する時に仏国に行けます。日課:一日3回または7回、続けることが大事です。昼間と夜も読めます。もし、大変な事があったり、手術することになったり、重病になったり、がんを診断されたり時、毎日21回または49回を読みます、読めば読むほど効果的です。《大悲咒》を読む前に、“大慈大悲観音菩薩様、私(フルネーム)の体が健康になるように、お願いします。”または、持病を持っている人は、“大慈大悲観音菩薩様、私(フルネーム)の体が健康になるように、持病が治りますように、お願いします”。

2)  《般若波罗蜜多心経》以後《心経》と省略します。観音菩薩様と繋がるお経です。菩薩様の慈悲心で知恵を高めます。心経は、天国にとって、エネルギーです、黄泉の国にとって宝物です、人間にとって知恵です。効果は、子供が言うことを聞くようになったり、大人の頑固な性格が治ったり、うつ病が治ったり、亡くなった人を供養するなどです。

日課は、一日3回または7回、続けることが大事です。夜10時まで読めます、大雨の日と土砂降りとき、読まないでください。《心経》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私(フルネーム)知恵を高めるように、悩みが無いように、お経を読むとき集中できるようにお願いします。”

3)《礼仏大懺悔文》は、観音菩薩様の力を借りて、私たちの前世と今世の業障を懺悔する事と取り消す事ができます。すべての菩薩様に懺悔できるお経です。効果は、人の感情を騙すや何十年の恨みや菩薩様に不敬な事や菩薩様の像とか絵の損害などを取り消すことができます。

日課は、一日1回または7回、続けることが大事です。昼間と夜も読めます。

《礼仏大懺悔文》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私(フルネーム)の業障を懺悔と取り消しする事を助けてください、体の健康と知恵を高めるようにお願いします。”

注意事項:《礼仏大懺悔文》を読んでる時に、もし体のどこかに違和感がや痛みがあれば、それは霊が反応し、体を浄化してるいい事です。そうしたら“小房子”を読んで供養したらいいです。普通は、4枚から7枚くらいですが、体の気分がよくなるまで読み続けます。

4)《准提神咒》は、観音菩薩様の力を借りて、お願いが叶うこと。効果は、仕事の順調、婚姻の円満、学業の上達、いい出会いがあること、いい仕事を見つけること。もちろん合理合法の範囲にすること。

日課は、21回、27回または、49回。昼間と夜も読めます。

《准提神咒》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私(フルネーム)思い通りできるように、事業成功できるように、または、一つ合理な事をお願いします。

以上四部お経は、基本的な日課です。以下のお経は、個人によって読みます。読む回数は、21回、27回または49回。

5)《解结咒》は、観音菩薩様の力を借りて、人と人の間悪縁を消すこと。効果は、恋人の間の誤解、夫婦喧嘩、親子喧嘩、同僚の葛藤、上司との対立など。

必要がある時、一日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《解结咒》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)と相手YYYY(フルネーム)悪縁が溶けるようにお願いします。”

6)《消灾吉祥神咒》は、突然事件があって、解決する事。効果は、裁判されそう時、金銭を無くしたこと、喧嘩すること、罰金された、突然病気になった、悪夢をみた、大変は事が起こすことを予知されたなど。

必要がある時に:一日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《消灾吉祥神咒》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)災難が起きないように、平安順調でお願いします。”

7)《拔一切业障根本得生净土陀罗尼》以後《往生咒》と省略します。観音菩薩様の力を借りて、小さい動物、家畜、海鮮、昆虫などを供養すること。効果は、以前食べた動物、殺さざるを得ない小さい命、夢の中に殺した動物を供養できます。

必要がある時に、1日21回、27回または49回。夜10時まで読めます、大雨の日と土砂降りときは、読まないでください。

《往生咒》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)私のために命を落とした動物たちを供養できるようにお願いします。

8)《大吉祥天女咒》は、不祥事を除き、吉祥になること、円満な婚姻の願望。効果は、このお経は功徳を持ってる人だけ読んだら吉祥になれます、功徳を持ってない人には効果がありません。

必要がある時に、1日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《大吉祥天女咒》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)が吉祥になりますようにお願いします。”

このお経は、婚姻を求められるので、読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)が善縁を見つけられるように、円満な婚姻ができるようにお願いします。”

9)《功德宝山神咒》は、功徳を積み重ねられ、罪を消せること。効果は、今までした善事が功徳になれること。このお経を読む前提は、善事をして、積み重ねる事が重要です。

必要がある時に、1日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《功德宝山神咒》を読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)がした善事が功徳になれるようにお願いします。”

これ以外、妊娠中の胎児や5歳以下の子供も《功德宝山神咒》を読めます。この子供の前世がした善事が功徳になって、この子を守ります。読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)のお腹の子または子供YYYY(フルネーム)の前世がした善事が功徳になって、この子を守って、健康平安するようにお願いします。”

10)《七佛灭罪真言》は、罪をけし、平安吉祥、万事順調、後世の福を作ります。効果は、このお経は今世した軽い罪を消せます。重い罪なら《礼仏大懺悔文》を読まないといけない。《七佛灭罪真言》は、《礼仏大懺悔文》の代わりに読むことはできません。

軽い罪なら、一気に、21回または27回または49回を読みます、読む前に“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)の罪を消して、守ってください、お願いします。”

これ以外に、日課の後、三回《七佛灭罪真言》を読んで、自分自身を洗浄し、同時に、当日または、最近作った軽い罪を消せます。読む前に、お願い事を言わなくてもいいです。

11)《圣无量寿决定光明王陀罗尼》は、寿命が延びること。効果は、年を取る人の寿命を延ばしたい事、大厄や重い病気になった時に、寿命を延ばしたい事。

必要がある時に、1日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《圣无量寿决定光明王陀罗尼》を読む前に、“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)の災難を消し、寿命が延びるようにお願いします。”

12)《如意宝轮王陀罗尼》は、悩み事がなくなり、吉祥如意、平安。効果は、お願いことが如意になること。

必要がある時に、1日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《如意宝轮王陀罗尼》を読む前に、“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)のやりたい事が順調になるようにお願いします。”

13)《观音灵感真言》は、吉祥如意、平安。効果は、観音菩薩様から力をもらいたい、お願い事がすぐ叶うこと。病気の痛みを抑えること。

しかし、読む人は、一定のレベルに達しないといけない、功徳を持ってない人も読めない。このお経は、読めるかどうか、廬軍宏さまから图腾を見たほうがいいです。

必要がある時に、1日21回、27回または49回。昼間と夜も読めます。

《观音灵感真言》を読む前に、“大慈大悲観音菩薩様、私XXXX(フルネーム)が健康になるように、やりたい事が順調になるように、観音菩薩様が霊験あらたかになれること。