読経、誓願、放生は、大慈大悲観音菩薩様によって与えられた三つの法宝であり、私たちはこれらを適切に行わなければならない。誓願の力はすべての仲間にとって、とても重要なものである。誓願とは、仏と菩薩の像の前で、静かに、穏やかに仏と菩薩に対して守護と恵みを乞い、奇跡を願い、困難、心配事、災害、事故を解決してもらうよう助けを乞うことである。同時にあなたは:

  • これから中国の旧暦の1日と15日には精進料理を食べる。
  • これから生きている海鮮を食べないこと。
  • これから殺生を行わないこと。
  • 毎日、持続的に善行を行うこと。
  • 菩薩の像に金箔をはること。
  • 期間を決めて何人に布教します。人を苦難の海から解放されるよう手伝うこと。布教の誓願の力は計り知れない。
  • 有徳な行為をします、仏教関連の書籍を印刷するための寄付をする、など。または、書籍とCDを(00部)、人々に配布または寄付すること。

1、中国の旧暦の1日と15日に精進料理と食べること、よく忘れる人がいます、

または、他の原因でできない時があります、そのときは、前もってするか延長することができます。それとも、最初誓願する時に、日にちは決めないで、毎月二回精進料理を食べることを言えばいいです。

2、誓願してから、必ず堅持します。もし、自分自身の原因で堅持しなかったら、罰が当たることもあります。

3、願いごとが叶ったら、誓願したところに行き、感謝をします。例えば:お線香やお供え物をします、または、お布施や功徳をします。自分ができる限りの範囲でいいです。精進料理を食べるや布教を誓願をした場合は、続けることは感謝しているの意味です。